MENU

 いかにも非モテの権化のようなこの男が、俺よりも先に恋人を作ることに成功してしまった。
さらに初体験まで済ませてしまっているのだから、童貞の俺の立場をどうなるんだって感じになっていました。
まさか彼に先を越されるなんて、あまりの衝撃に開いた口がふさがらない状態だったのです。
彼はかなり頑張ったから恋人を作ることができたと話てきました。
だったら俺だって頑張れば、彼女とか作る事できるんじゃないか?と思ったのです。
こいつに先を越されてしまったショックもあるけれど、彼がやったよの方法を真似していく事で、俺にも出会いのチャンスが訪れかもしれないという気持ちになりました。
どうしても20歳を前に恋愛したい、彼女欲しいという気持ちがありましたから、その秘訣を教えてもらおうかという気持ちになったのです。
「それでどうやって相手と知り合うことができたんだ?」
「現実じゃ全く出会いとかないし、俺モテないからね。
だから仮想空間を使うことにしたんだよね。
インターネットで出会いを探すのって、鉄板になってるだろう。
だからもしかしたら俺にもチャンスがあるんじゃないか?って気持ちになったの」
なんとインターネットを使って恋人を探すことに成功したと言うのです。
確かにインターネットを使って出会いを探すというのは当たり前の行為となっている時代です。
もしかしたら彼に恋人ができたんだから、俺にもかなり高い確率でのチャンスが訪れるかもしれないと思いました。
「それでインターネットをどうやって利用したんだ?掲示板かなんかか?SNSか?」

その方法はどうしても聞き出さなければならないという気持ちでした。
どうしても恋人が欲しい俺、セックスだって経験したいから教えともらわなければって気持ちでした。